個人の借金を整理する方法について

個人の借金を整理する場合、債務整理という方法があります。ここでは債務整理について詳細に説明します。

 

債務整理とは

債務整理は多重債務などによって謝金偏差が困難になっている人の借金の額を減らす手続き方法です。債務整理を行うと今まで重くのしかかっていた金利が軽減されますし、返済額も大幅に減額されるのでかなり楽になります。

 

借金が一つある場合には、返済日も1か月1回ですし、返済額もそれほど多くないので大きな負担となることはないでしょう。借金問題で悩んでいる人は結構多くいます。一般の主婦の人でも家族に内緒にしている借金の返済で毎日頭を抱えている人はいるのです。消費者金融のキャッシングの壁が低くなったことによって主婦やサラリーマンなど手軽で気軽に借り入れができるようになったことが影響しているものと考えられます。借金問題で悩んでいるのであれば自分ひとりで解決しようとしても難しいでしょう。法律家に相談して借金の整理をすれば多くの人が借金の返済額を大幅に減らすことが出来ます。しかし、弁護士や司法書士などの訪ロ塚に借金整理を依頼することは恥ずかしいと思っていたしりするので、多くの人が悩みながら見ながら返済を続けている状況があるのです。どんなに大きな額の借金でも法律で整理することが出来るのです。一人で悩んでいても解決の道は訪れません。法律家に相談をして解決の糸口を見つけましょう。

 

 

債務整理の種類とメリット・デメリット

債務整理には 過払い金返還請求、任意整理、自己破産、個人再生の4種類があります。 それぞれの方法にはメリット・デメリットがあります。

 

 

過払い金返還請求のメリット・デメリット

過払い金請求をすると、払いすぎた利息が返ってくる可能性があります。
裁判所を通さずに司法書士・弁護士が金融業者と交渉をしていきます。債務者本人が交渉をすることもできますが、
知識が乏しいことにより債権者に相手にされない場合があるので、うまく交渉をすることが出来ない可能性が高いです。弁護士や司法書士に依頼するとある程度の費用は掛かってしまいますが、スムーズな交渉をしてもらえます。さらに払いすぎていた利息によって借金が完済することになればブラックリストに登録もされません。

 

ただしデメリットもあります。過払い金返還請求をすると、二度とその消費者金融からお金を借りることができない可能性があります。

 

 

任意整理のメリット・デメリット

任意整理は裁判所を通さずに司法書士や弁護士が金融業者と利息カットなどの交渉をしていく方法です。今まで返済が延滞尾気味になっていたら催促の連絡が債権者から来ていたことでしょう。しかし、司法書士や弁護士に任意整理を依頼をすることによって、すぐに督促が止まります。将来的に支払わなければならない利息もカットするように話し合いが進められていくので、借金返済額は大幅に減額となります。特定の借金だけを任意整理することも可能です。

 

任意整理のデメリットもあります。デメリットは5年程度はブラックリストに載ってしまうことでしょう。ブラックリストに載っている間は新規の借り入れやカードの利用や作成、ローンを組むことができなくなります。任意整理は、裁判手続である自己破産、個人再生手続のように、借金の全額もしくは一部が強制的に免除されるわけではありません。弁護士や司法書士に依頼するとスムーズに話し合いが行われるのですが、たまに強硬な金融業者もいて、話し合いが平行線をたどりなかなか解決することが出来ない場合もあります。

 

 

自己破産のメリット・デメリット

自己破産を行えば借金すべてがゼロになります。支払いが困難であれば誰でも手続きが可能な債務整理ンも一つです。司法書士や弁護士に依頼をすることで取り立てもなくなるので精神的にもかなり楽になるでしょう。

 

ただし、10年以内はブラックリストに載ることになるので、いろいろな制限がなされます。新規の借り入れやクレジットカードが作れなくなりますし、マイホームや自家用車等の価値のある財産は処分される場合があります。

 

 

個人再生のメリット・デメリット

個人再生を行えば、借金の大幅減額がなされますし、住宅ローンがあっても自宅を手放さなくて済みます。自己破産のような資格の制限がありませんし、ギャンブルなどで作った借金でも整理することが出来ます。ただし、自己破産と同じで10年以内はブラックリストに載ってしまうので、新規の借り入れや、クレジットカードが作れなくなります。

 

 

このようにいろいろな債務整理の方法があります。どの債務整理の方法を利用すればいいのかわからない場合には、まずは弁護士や司法書士に相談をしましょう。

個人の借金整理記事一覧

何年も借金を払っている場合、過払い金が発生している可能性があります。最近はテレビCMでも弁護士事務所や司法書士事務所が「払いすぎている借金はありませんか?」と訴えかけているので、自分はどうなのだろうと考えたことがある人もいるでしょう。債務整理屋過払い金請求は債務者本人が行うこともできます。個人で行うメリットやデメリットを紹介します。過払い金請求を個人で行うメリット過払い金請求を個人で行う最大のメリ...
借金で首が回らなくなっている状態であれば最後は自己破産しかないと思う人が多いのではないでしょうか。自己破産をすれば持ち家は手放すことになってしまい明日。せっかく手に入れたマイホームをどうにかして守りたいと思うのであれば、個人再生がおすすめです。個人再生は一定の要件を満たせば、自宅を手放すことなく、住宅ローン以外の借金を大幅に減らせる債務整理の方法の一つです。ここでは個人再生について詳しく説明してい...
債務整理の手続のうちで多重債務をどうにかして整理したいと考えた場合、任意整理を行う人が多数を占めます。「任意整理」をどのような場合に選択すればよいのでしょうか?詳しく説明します。債務整理には,任意整理,自己破産、個人再生などの手続き方法があります。任意整理を選択するのであれば借金はゼロになることはありません。決められた返済額を支払っていくことで完済を目指す方法になります。分割払いになったとして,月...
債務整理を行う場合は消費者金融やクレジット会社、審判会社、銀行のカードローンなどの借金を整理することが大半を占めるでしょう。しかし中には友人からお金を借りている人もいるでしょう。友人からの借金であっても、消費者金融や信販会社などの債務と同じように整理をすることが出来るのでしょうか?債務整理の中の任意整理を行う場合、利息制限法による利息で計算し直します。それによって、払いすぎていた利息を取り戻せるの...

このページの先頭へ戻る