借金がたくさん

世の中には借金で助けてほしいと思っている人がたくさんいるみたいです。
話を聞いていても、どうしてそんなに多額の借金を作ってしまったんだろう。なんて話を耳にします。
25歳男性で、現在の借金500万円。返済が月に17万円ほどある。収入は25万円だから、返済できなくはないけれど、それでも終わりの見えない借金返済に人生が真っ暗に見えるとか。

 

そうですねぇ、どうして借金をそんなに作ってしまったのかにもよりますが、返済をしていかないことにはどうにもなりませんよね。
世間では、借金が返済できなければすぐに債務整理をすればよいと言う考えを持っている人が多くいると思います。
けれど、本当にそれで良いのでしょうか?

 

以前どこかの本で読んだのですが、借金を作る人というのは、借りるときは頭を下げて腰を低くして借りにくるのだそうです、そして返す時になるとお金が無いから返せないというのだとか。これはちょっと大げさに書いてあったのかもしれませんが、中にはそういう人もいるのでしょうねぇ。
借金をして助けてほしいのは借りているほうだけでは無く、貸しているほうもなのかもしれません。

 

本来でしたら、借金なんてしないことが一番なのかもしれませんけれど…。

元カレの借金助けて!

自分でも馬鹿な事をしたと思っています。元カレが、すぐに返すからと言って私名義で借りた100万円。これが返済できず困っています。
もちろん借りたのは私ですし、元カレと別れてしまったのも私ですから、責任は私にもありますが、それでも月に15万円ほどしか稼げない私に対し、100万円の借金は先が見えず…。助けてほしい気持ちはあるものの、誰に助けを求めたらよいのか分からず…。

 

そんな時です、テレビで自分と同じ境遇の女性の話を聞きました。

 

その女性も私と同じで付き合っていた男性がお金に困り、肩代わりでお金を借りたのだそうです。けれどその男性は借金を払わず逃げてしまい、その女性は困り果てて夜の仕事を使用かどうか悩んでいるのだとか…。
まさに私が考えていることと同じでびっくりしてしまいました。

 

その番組のコメンテーターが言うには、自分で借りてしまったものなのだから、夜の仕事でもして返しなさい。とのことで、やっぱりなぁ…そう言われるよねぇと思うと同時に、誰も私の事を助けてくれないんだなぁと絶望的な気持ちになってしまいました。

 

そんな時、女性のコメンテーターが「今は無料で借金の相談に乗ってくれる法律事務所があるからそこへ行ってみたら?」と言っていて、私は救われた気持ちになりました。

 

私もそうしてみようと思います。

クレジットカードで借金

人間の生活水準って、一度上げると下げるのが難しくなりますよね。
知らず知らずのうちに贅沢になってしまっていて、いくらお金があっても足りない…。いや〜〜耳が痛い話です。

 

こんな話を聞きました。
年収400万円の家庭。子供2人の4人暮らしで何故か借金が500万円。
つつましやかに暮していけば出来るはずもない借金。なのに…食費が足りずクレジットカードで支払うこともあるそうです。こんな生活は嫌!助けて!と言う話ですが…。
なぜそんなことになってしまったのでしょう。

 

そもそも、人間に大切なのは身の丈に合った生活です。
私もそれを守るのが本当に難しいと痛感させられている所なのですが、さすがにクレジットカードで食費を払ったことはありません。

 

それでもこのご家庭では「ちょっと…」のつもりの借金で「助けて!」とまでなっているのですから、本当にお金って怖いですね。

 

確かに裕福な生活は憧れです。
けれどあるだけ使う、そして無くても使う。という事を繰り返していたらあっという間に借金まみれです。これは当たり前ですよね。

 

一度ちゃんと生活の基盤を見直してみて、余計な出費を切り、つつましやかな生活を心がけないと、いつまでたっても借金から逃れられないと思いました。

ギャンブル依存症

私の友達に、ギャンブル依存症で借金が凄い金額になっている人が居ます。
ヤミ金からも借りているようで、毎月取り立てが凄くて月末が近づくと「助けて欲しい」と言って私の部屋に転がり込んできます。

 

しかし、友人はどうしてギャンブル依存症になってしまったのでしょうか?

 

それにはこんな生い立ちがあります。

 

友人の家は、友人が幼いころからあまり裕福では無く、両親ともに家におらず働きづめだったそうです、友人はそれが寂しくて万引きを繰り返し、大きくなってからもギャンブルにハマっていってしまったのだとか。
それが全てでは無いでしょうが、友人の人生は幼くして決まってしまったと友人は話しています。

 

今抱えている借金について、どうにかしたい、助けてほしいとは言うものの返済できるみこみもなく、私も大変困っています。

 

もうここまで来るとメンタル的な問題もあると思うので、そう言う施設に通い根本的な治療を行ってほしいと頼んでいる所です。
友人の努力では治せないとしたら、そういう所で少しでも依存症を治してもらえると友人のためにも良いと思います。

 

これ以上、友人の人生をダメにしないためにも、これ以上の借金は止めて欲しいと願って止みません。

借金で苦しいんだ

昨日彼氏にこんなことを言われました。
実は自分には結構な額の借金がある。友人の連帯保証人になって作ってしまった借金だけれど、自分に非は無い。断り切れずに保証人になったのがいけなかった。そこで相談なんだけれど、少しで良いからお金を都合してほしい。助けて欲しい。

 

私はショックで言葉が出ませんでした。

 

彼氏に借金があったこともショックですが、私にお金の工面をすることもショックでした。

 

私がちょっと考えさせて、と言うと、彼氏はごめんねと言っていましたが気持ちの整理がつきません。

 

女友達に相談したところ、「本当にあんたの事が好きだったらお金を貸してくれなんて言えないよ!それってちょっとどころか相当おかしいよ!」と言われてしまいました。

 

私もそれは思っていたことだったので、やっぱりそうだよなぁ。と思いました。

 

彼氏は本当に誠実で良い人です。優しいし、借金の話を聞くまではこの人と結婚できたらどんなに嬉しいだろうと思っていました。
借金があるからと言ってすぐに嫌いになるわけではありませんが、それでも不安が出てきてしまったことは正直あります。

 

借金の事についてはきちんと話し合っていこうと考えていますが、彼氏には債務整理も念頭に置いておいてもらおうと思っています。


このページの先頭へ戻る