知らないうちに進んでいくクレジットカード借金生活

借金生活、と聞くと自分には縁のないことだ、と思う方がほとんどではないでしょうか?

 

しかし意外にも借金というのは我々の生活に余りにも密着しています。

 

住宅や家電などを購入する際のローン、またクレジットカードもプリペイドでない以上は借金のひとつです。

 

とりわけクレジットカードは借金の感覚が無いままに使い込んでしまうことの多い、

 

とても危ない、かつ身近な「借金」の存在です。

 

私も以前クレジットカードを多用した生活を送っていました。

 

現金を持ち歩かずにカードを一つ差し出すだけ、あとはサインを記入するだけで大きな買い物が出来る、

 

というのはクレジットカードを持ち始めた自分にとってはまるで魔法でした。

 

もちろん購入した額は翌月に口座から引き落とされるわけですから実際に支払う額は変わらないのですが、

 

実際にレジでお金のやりとりをするわけではないのでその実感がありません。

 

気づいたら多額の負債を抱えてしまう、なんてことはままあるわけです。

 

クレジットカードをそのようにして使っていると、給料日直後の引き落とし日に給料をほとんど持っていかれる、

 

というようなことが多く起こるようになりました。

 

そうすると現金残が無くなってしまうわけですから、またクレジットカードを使用してしまう。

 

どんどん悪循環になり、給料よりも多額の引き落としをしなければならない日が必ず来ます。

 

その場合、一括払いを予定していた返済を順次リボ払いに切り替えねばなりません。

 

システムが良く出来ているので、ウェブ上から気軽にリボ払いへの切り替えができるようになっています。

 

最終的にはそのリボ払いの金利は膨大に膨れ上がり、

 

気づいたら全体で相当な額の返済に追われるようになってしまうのです。

 

今はクレジットカードの使用を停止した私ですが、

 

停止から1年以上経った今でもリボ払いの返済を行っています。

 

一ヶ月で1万円程度の支払いですが、金利を含めると元金の何倍ものお金を支払っていますし、

 

借金を背負っているという事実が肩にのしかかってくるだけで日々の生活にも若干のストレスを感じます。

 

皆さんもクレジットカードの使い込みには十分注意して下さい。


このページの先頭へ戻る