破産は何回もすべきではない

多重債務者が払えぬ額の借金の支払う義務から解放される為には債務整理をして、返済していける又は破産通告をしてイチから出直すといった法的処置を取る事が優先的です。
しかしこれらをしていてもヤミ金は何かとダイレクトメール、借り入れの誘惑を促してくる事でしょう。

 

例え破産してラクになったとしても又同じ手口にひっかかって借り入れをすれば
借金は増えてくるというものです。

 

又借金が膨らんだら破産すればいいという安易な考えは持っておいてはいけません。
何故ならば、破産は基本何回でも出来るとは言われておりますが、7年以内の再度の破産は出来ないとなっております。

 

つまり、破産してから又借金が膨らんだとすると
七年間その借金に追われるという事になります。

 

どうしても止むを得ない場合に限り対応してくれるようですが
原則に従い破産は一回きりと考えておいた方が良いです。

 

何回も破産となると、裁判官からも反省されていないものと見なされて免責も下りなくなる事だと思います。

 

出来るだけ破産をした後はブラックになるので、ヤキ金に特に気をつけておくべきかと思われます
せっかく破産してチャラにした借金が又膨らんでしまう結果となるからです。


このページの先頭へ戻る