借金 借り換え記事一覧

借り換えとは、よく住宅ローンで使用されるローンの「技」です。住宅ローンは、最初の契約の時に、固定か変動金利を選ぶことになりますが、何十年も先の返済で、世の中の変動とともに金利は見直されます。そこで、今が安いというと気に、残った住宅ローンを金利の安い方へシフトチェンジすることで、最終的な返済額を減らそうというものです。この借り換えは、カードローンやフリーローンなどの借金でも適用されます。抱えている借...
借金の借り換えをしたいときには、その金融機関の商品を確認することが大切です。そのポイントとして、今より金利が低い今の借金以上の借入が必ずできるの2つです。実際に相談しなければできないことですが、簡単に考えるのは危険です。まとめローンとして、借り換えをするとも月々の返済が減り、全体の借金総額も大きく減ることになります。それが本来の目的です。知識として頭にそのことを入れておいた上で、実際に金融機関に相...
総量規制とは、「年収の3分の一を超える貸し付けの禁止」で貸金法が定める貸金業者に向けた決まりです。年収が600万円ならば、200万円までしかキャッシングができないということです。ですから、現在の借金を借り換えをするのは、裁量規制限度を越えてしまう場合も多く、そこで諦めることもあります。総量規制の対象はキャッシングが主ですが、総量規制対象外があります。銀行のキャッシング(銀行は貸金法の対象外)住宅ロ...
借り換えの際の審査はとても厳しいです。複数のカードをまとめローンとして借り換えをすることで、返済額を大幅にダウンさせることができます。銀行カードローンなどでも宣伝をしていますが、この時の審査内容は、普通のローンとは少し違うようです。保証会社が行う審査の内容は公開されていないのですが、何故審査が厳しいか?というと、例えば、複数のカードからの借金が100万円あったとします。銀行カードローンで、もっと安...
低金利をうたったおまとめローンは借り換えはオススメです。裁量規制例外の銀行系カードローンは、500万円超の借り換えができることもあり、審査さえ通れば、今まで15%程度の借金が一気に一桁になることも多いです。この場合のキャッシングでは、多額に借りるほうが低金利になりますので、きれいに完済できる現在の借金をゼロにして、改めて借り換えの分を低金利で返済していけるメリットがあります。多重債務で苦しむ方にと...
カードローンはとても気軽に借入ができます。審査もゆるいですから、数枚のカードを使い分けている方も少なくありません。これが1つにまとまれば返済も楽になります。それが、借り換え、おまとめローンです。数枚のカードの借金を一つにしてしまうと、返済日も返済そのものも一回で終わる利便さがあります。金融機関では、まとめ専用ローンなどの窓口があるほどで、借金の額によっては、相談に乗ってくれます。ここでポイントにな...
現在の借金を借り換えをする方法は簡単です。借り換えしたい金融機関に、ローンの申し込みをするだけです。その時に、既に借金があることなどを申告をする必要がありますが、口頭でそれを告げる必要はありません。金融機関としては、その申込書を保証会社などで審査を行うだけです。三菱東京UFJ銀行、オリックス銀行、楽天銀行などで、借り換えができるだけで多額の銀行ローンが紹介されています。いずれも裁量規制対象以外のロ...
借金とアルバイトは、最近は厳しい状況です。銀行などでカードを作る際には、アルバイトで記入することで、具体的にどのくらいの収入になりますか?と聞かれることがあります。もし、専業主婦であれば、事情は変わってきますが、アルバイトだけで生計を立てている、非正規雇用の場合、多々でもローンの利用可能額が下げられたり、カードそのものを作れないこともあります。ところが、専業主婦・アルバイト・パートでもOKという銀...
借金を借り換えしたい方に、ご紹介したい金融機関三菱東京UFJ銀行保証人なしの余裕の500万円。金利は1.8%〜14.6%。オリックス銀行カードローン保証人なしのなんと800万円までOK。アルバイトも自営業も対応です。金利は3%〜18%。住信SBIネット銀行カードローン保証人なしで1000万円!金利味も1.88%〜7.99%の低金利。その他楽天銀行やアコムなども借り換えOK、裁量規制対象外のキャッシ...
各社の借り換え情報については、銀行系が良いとの口コミが多いです。そこで、ここでは、借り換えに成功した体験談を紹介します。そんな使い方もあるんだと参考にしてみてください。利息が減って返済が楽に私が銀行系カードローンのまとめローンを利用したきっかけは、カードローンが1社と消費者金融でのフリーローン2社の2社の多重債務になっていたときでした。月々の返済負担が重くなるのは仕方ないとしても、返済日もバラバラ...

このページの先頭へ戻る