借金の借り換えの相談の心得

借金の借り換えをしたいときには、その金融機関の商品を確認することが大切です。
そのポイントとして、

  • 今より金利が低い
  • 今の借金以上の借入が必ずできる

の2つです。
実際に相談しなければできないことですが、簡単に考えるのは危険です。

 

まとめローンとして、借り換えをするとも月々の返済が減り、全体の借金総額も大きく減ることになります。
それが本来の目的です。
知識として頭にそのことを入れておいた上で、実際に金融機関に相談に行ったとします。

 

最近の銀行カードローンの場合、裁量規制例外扱いのものもあり、800万円など高額な借入が可能です。
この手のローンは、多く借りるほど金利が低くなる仕組みです。
相談先で、あなたは借り換えができますと判断されたとしましょう。
では、おいくらの融資が必要ですか?
と聞かれたとき、返済額の減額が目的ですから、今ある借金が借り換えできる範囲で良いのに、余計に借りてしまう方も多いと言われています。

 

借りられる=信用されている、もっと借りられるんだという意識に変換されてしまうのです。
ここで注意したのは、最低限借り換えに必要な融資だけを受けることと、絶対に返済額を減らすか、返済期間を短くすることです。

 

借り換えに成功し、多重債務から脱出できるかと思ったら、借り換えに失敗した方の体験談です。
「銀行での借り換え用の融資は、自分の借金より多く借りることができました。それで多重債務の借金を完済した後、まだお金が残っていて、いい気分になって遊び始めたら、月々の返済がもっと厳しくなって、現在債務整理のため弁護士に相談中です」
結構多額のフリーローンで借り換えをした場合は、用途も聞かれませんし、付き借りすぎてしまうことも多いようです。
そして、多重債務が生む借り換え地獄が展開してしまうパターンです。

 

本来の借り換えは、低い利息で借金総額を減らすこともあります。
借り換えをする時に、そのことを言わずに相談をするのではなく、最初から債務の存在を話しながら、借り換えの手続きをする方が、自分にも律する事ができるかもしれません。
しかし、そんな雰囲気の金融機関ではない場合は、言わないほうが良い時もありますが、そのときには、自分自身ではしっかりと自覚することが何よりも大切です。

関連ページ

借金の借り換えとは?
借り換えとは、よく住宅ローンで使用されるローンの「技」です。
借金の借り換え 裁量規制とは?
総量規制とは、「年収の3分の一を超える貸し付けの禁止」で貸金法が定める貸金業者に向けた決まりです。年収が600万円ならば、200万円までしかキャッシングができないということです。
借金の借り換えの審査は厳しいって本当?
借り換えの際の審査はとても厳しいです。複数のカードをまとめローンとして借り換えをすることで、返済額を大幅にダウンさせることができます。銀行カードローンなどでも宣伝をしていますが、この時の審査内容は、普通のローンとは少し違うようです。
低金利の借り換え 借金完済のための手段であることを忘れずに
低金利をうたったおまとめローンは借り換えはオススメです。裁量規制例外の銀行系カードローンは、500万円超の借り換えができることもあり、審査さえ通れば、今まで15%程度の借金が一気に一桁になることも多いです。
借金借り換えのときの金利に注目
カードローンはとても気軽に借入ができます。審査もゆるいですから、数枚のカードを使い分けている方も少なくありません。これが1つにまとまれば返済も楽になります。
借金借り換えの方法
現在の借金を借り換えをする方法は簡単です。借り換えしたい金融機関に、ローンの申し込みをするだけです。
アルバイトの借金借り換え
借金とアルバイトは、最近は厳しい状況です。銀行などでカードを作る際には、アルバイトで記入することで、具体的にどのくらいの収入になりますか?と聞かれることがあります。
借金の借り換えをお考えの方 オススメ金融機関
借金を借り換えしたい方に、ご紹介したい金融機関
借金の借り換えの口コミ
各社の借り換え情報については、銀行系が良いとの口コミが多いです。そこで、ここでは、借り換えに成功した体験談を紹介します。そんな使い方もあるんだと参考にしてみてください。

このページの先頭へ戻る