借金の借り換え 裁量規制とは?

総量規制とは、「年収の3分の一を超える貸し付けの禁止」で貸金法が定める貸金業者に向けた決まりです。
年収が600万円ならば、200万円までしかキャッシングができないということです。
ですから、現在の借金を借り換えをするのは、裁量規制限度を越えてしまう場合も多く、そこで諦めることもあります。

 

総量規制の対象はキャッシングが主ですが、総量規制対象外があります。

  • 銀行のキャッシング(銀行は貸金法の対象外)
  • 住宅ローン、自動車ローン、ショッピングローン

などです。

 

銀行カードローンですが、一応複雑で、すべてが適用ではなく、カードの運営が消費者金融系のカードの場合は裁量規制内になってしまいます。
様々な比較サイトで調べてみると、オリックス銀行のカードローンが評判が良いですし、楽天銀行なども比較的多額のキャッシングが可能になっています。
その他みずほ銀行など、大手銀行系がこの手のキャッシングに対応しています。

 

そうして、もう1つちょっと聞きなれない裁量規制の例外があります。
それが“個人顧客の利益の保護に支障を生じることがない契約”です。

 

そのキャッシングの内容が、借り手に有利になる借り換えであれば良いということなのです。
総量規制の適用を受けないことを意味しています。
低金利のローンに借り換えで返済期間が長引くけれど、返す方としては「有利」になるということです。

 

このような商品があるのではなく、金融機関との相談の上ですが、今の借金の返済期間を伸ばして、毎月の返済額を下げる借り換えをしたいということです。
契約を変更するのなら、債務整理じゃない?と思うところですが、そうではありません。

 

というのも、借り換えの場合、借り手にとっては有利ですが、貸し手にとっても、有利なシステムです。
毎月の利息を減らすけれど、返済期間が多くなることで、返済総額は大幅に増えることを意味します。
本来の借り換えの目的である、返済額の減額はできますが、返済総額は多くなることで、借り手にとっては結果的にマイナスなのです。
債務整理は返済額も借金総額も減額されますが、この場合は借金総額が増える可能性が大きいです。

 

借り手としてもそれを承知で、とにかく毎月の返済額が減るのなら承知した場合、一見債務整理のようですが、貸し手も納得する借り換えになるのです。
貸し手にとっては有利にならないこうした借り換えもありますから、実際に相談をするときには、内容確認は慎重に行ってください。
裁量規制を越えた借り換えの場合、金融機関などとの突っ込んだ相談が必要です。

関連ページ

借金の借り換えとは?
借り換えとは、よく住宅ローンで使用されるローンの「技」です。
借金の借り換えの相談の心得
借金の借り換えをしたいときには、その金融機関の商品を確認することが大切です。
借金の借り換えの審査は厳しいって本当?
借り換えの際の審査はとても厳しいです。複数のカードをまとめローンとして借り換えをすることで、返済額を大幅にダウンさせることができます。銀行カードローンなどでも宣伝をしていますが、この時の審査内容は、普通のローンとは少し違うようです。
低金利の借り換え 借金完済のための手段であることを忘れずに
低金利をうたったおまとめローンは借り換えはオススメです。裁量規制例外の銀行系カードローンは、500万円超の借り換えができることもあり、審査さえ通れば、今まで15%程度の借金が一気に一桁になることも多いです。
借金借り換えのときの金利に注目
カードローンはとても気軽に借入ができます。審査もゆるいですから、数枚のカードを使い分けている方も少なくありません。これが1つにまとまれば返済も楽になります。
借金借り換えの方法
現在の借金を借り換えをする方法は簡単です。借り換えしたい金融機関に、ローンの申し込みをするだけです。
アルバイトの借金借り換え
借金とアルバイトは、最近は厳しい状況です。銀行などでカードを作る際には、アルバイトで記入することで、具体的にどのくらいの収入になりますか?と聞かれることがあります。
借金の借り換えをお考えの方 オススメ金融機関
借金を借り換えしたい方に、ご紹介したい金融機関
借金の借り換えの口コミ
各社の借り換え情報については、銀行系が良いとの口コミが多いです。そこで、ここでは、借り換えに成功した体験談を紹介します。そんな使い方もあるんだと参考にしてみてください。

このページの先頭へ戻る