助けてください借金

  1. 借金返済ができないときにやることはコレ
  2. 借金はもう出来ないけれどギャンブルはやめられない
  3. とにかく弁護士に相談 理由はなんでもいい!
  4. 借金返済できない人は債務整理も考えて
  5. 人に迷惑をかけない債務整理 さ、急いで

 

借金返済ができないときにやることはコレ

借金の返済ができないのなら、最初からお金なんか借りなければいいのに。
多分、カードローンや消費者金融などと無縁の方は、平気でこんなことを言います。
会社勤めをしていたとしても、毎月のお金が足りないギリギリの生活をしている方もいる一方、ショッピングでほしいものを見ると買わずにいられなくなってしまう方もいます。
いずれも、どうしても借金をしなくてはならない状況だったので、返済のことは頭にあったとしても、そのときには借りることだけしか考えていません。

 

上記の2つのタイプ

  • 生活費
  • ショッピング

と内容は違いますが、借金をするのには変わりはありません。
生活費と聞くと、同情の余地もありますが、かわいそうな人だけにお金を貸す仕組みもありません。
どうしても生活が出来ないのなら、生活保護などの行政に頼るしかないのです。
ショッピングは、買い物依存症になっていたり、とにかくほしいものは手に入れる方に多い傾向ですが、返済出来ないから我慢しなくてはならない、なんてダサい事は考えないタイプです。

 

いずれも今ある資金でなんとかしようという考えが出来ない限り、やがて破産してしまうことは目にみえています。
そこで、返済の請求や執拗な電話などに対して、嫌悪感を感じる方もいますが、業者としては正当な対応です。
闇金業者の場合は、もっとひどいことになりますが、それもこれも返済しない本人の責任です。

 

返済しない債務者に対してサラ金会社が請求するのは当然ですが、いかにもひどい方法が紹介されたり、犯罪に近い暴力的なことも取り沙汰されたりします。
しかし、返済しない本人が悪い。
今生活が苦しいから待ってほしいとか、お買い物でお金を使ってしまってごめんなさいといったところで納得のいく交渉はできないのです。

 

そこで、どんな理由であれ、返済できない借金を抱えてしまったときには、真正直になることです。
ただし、闇金業者の借金は別です。
そうではなく、普通の消費者金融などの場合には、返済できないことを告げた上、いずれは返済しますが、今はどうしようもないという事情を話してください。
まず、それを行ってから、弁護士などに相談をしてください。

 

消費者金融、弁護士に相談と言うのは、債務整理のことです。
いまある借金を返済できる範囲に小さくするのが目的です。
その上で、きちんと話しをつけるのが筋です。

 

▲メニューに戻る

借金はもう出来ないけれどギャンブルはやめられない

 

一度万馬券を当てたことがある、あのスロットで1万円で10万円出たんだよなぁ…。
ギャンブルは、もしかしてハッピーな事があるからやめられない。
それが永遠に続く事はないけれど、10負けたとしても100勝てば良いのですから、勝つまで頑張ってしまうものです。

 

馬券にしてもバチンコにしても、債務整理を経験した方の話しでは、あっという間に借りられなくなっちゃうんだよねと言います。
夢中になれば、その時のクレジット会社での可能利用金額を引き出し、派手に使ってしまうようです。

 

返済額は膨らんでいくばかりですが、最初はなんとなく余裕もあります。
そのうち請求の電話などでイライラ、ギャンブルの資金も底をつくことでもイライラ。
二重苦で親?嫁?女?できるだけのお金をせびりにいくことになりますが、いずれもNGになり、とうとうどこからもお金を借りることができなくなり、返済も滞納状態です。

 

これでも仕事を持っている方なら望みはあります。
返済ではなく、生活の、です。
下手に仕事を持っていると、本来返済に充てるはずのお金もすべてギャンブルに使ってしまう可能性があります。
お金のある方が、ギャンブルで遊ぶと言うのは、損得も関係なく自制できる範囲内のギャンブルとしては楽しいレジャーです。
しかし、借金を作ってまでギャンブルをしてしまうのは、最悪のパターンです。

 

ということで、消費者金融などで借りるだけ借りて返済できなくなった方については、そのままの生活が出来ないことになります。
闇金業者などで借りたとしても、到底返済できるものではなく、そこは高い金利であり、他とは違うと気がついたときには、とんでもない毎日になっているはずです。

 

世間的にギャンブルで借金をするなんてとんでもないと言うのは常識の一つとされています。
はっきりいってギャンブルそのものは悪いことではありません。
もしかしてのハッピーが起こるかもしれません。
ただ、1万円しかないのに1万円を使うことが間違っているということです。

 

そんな方を救えるのは弁護士しかいないのです。
とりあえず作った借金をどうにか小さくする債務整理をして、生活を立ち直すことから始めなければならないのです。
この時に、債務整理で借金がゼロになる自己破産をする方も多いのですが、だからといってすぐに借金を作ることも容易ではなくなるのです。
しかし、現実には、ギャンブルなどで債務整理をした方が、またギャンブルにハマっているということも多いようです。

 

▲メニューに戻る

とにかく弁護士に相談 理由はなんでもいい!

 

夜中の法律事務所。
突然鳴り響く電話、留守番電話にか細い声で「もう限界です。助けて下さい」という女性の声。
この時に、折り返し電話をして、内容を確認する法律事務所があります。
債務整理専門のところで、365日24時間対応OKの弁護士が待機しています。

 

夜中というのがポイントで、昼間は忙しくて借金の事は考えていないけれど、夜1人になってからあれこれ考えてしまうと、ものすごく不安になる方も少なくありません。
朝になると、請求の電話、職場にもかかってくる、怖い…ということになります。

 

現在、そのような環境にいる方は、法律事務所に連絡をしてください。
この時点では解決はしないのですが、弁護士がローン会社との間に入ることで、請求をストップさせる効力があります。

 

債務整理の相談になりますが、なぜ返済が出来ないのか、どうして作った借金なのかをきちんと正直に話すことが大切です。
ギャンブル、ショッピング、男性への貢、生活費などもありますが、ホストクラフに通い始めて、セレブな友人たちと付き合うため、彼氏がどうしてもお金が足りないというから、など詳しい話しまでもすることです。

 

このすべてを話すことが、債務整理の最初に行うことです。
人に話せないと思っているということは、どこか後ろめたいと思っているのも確かです。
それを言葉にすることで、自分で行ってきた借金遍歴を反省することができます。
遊びの借金、見栄の借金でも債務整理対象になります。
一応リセットという線引を引くためにも弁護士の間に入ってもらうのが妥当です。

 

▲メニューに戻る

借金返済できない人は債務整理も考えて

借金の返済ができない場合には、債務整理を考えましょう。
債務整理は、現在の収入に対応した返済を債権者の同意の元、契約をし直すことを言います。
ないものはない、払えないものは払えないということが合法的に認められるのは、債務整理の方法しかないのです。
その借金が競馬などのギャンブルであったとしても、債務整理で返済を小さくすることは可能です。

 

その際、自分だけで行うのも良いですが、弁護士がいるとより安心です。
しかし、相談だけは無料ですが、後は料金がかかります。
それでも、借金を減らすことは可能であり、今よりは返済が楽になります。
ということで、またギャンブルができる環境になってしまいます。

 

はっきり言って、債務整理の最中はしおらしい顔をして、返済根も楽になったと言うのに、またギャンブルに走ってしまう方もいます。
ただし、そのギャンブルで二度と借金を作らないのであれば、それはそれでいいんです。
債務整理をした人がギャンブルをしてはいけない事はありません。
ある程度の期間が経てば、債務整理は2回行うことも可能ですが、これはあまりうまく行かないようです。
そして、弁護士によっては、債務整理を断る場合もあります。

 

そんなことで、まずは最初の返済滞納については、深く反省をするとともに、早期に債務整理を行うことをオススメします。
弁護士も相談だけなら無料ですから、話しだけでも聞いてみると良いでしょう。

 

▲メニューに戻る

人に迷惑をかけない債務整理 さ、急いで

親子、夫婦における借金ですが、自分が連帯保証人になっていないのであれば、返済することはありません。
子供の借金を親が、夫の借金を妻が絶対に肩代わりをしなくちゃと言うのは連帯保証人である場合だけです。

 

どんな理由にしても、借金については、返済の義務が生じます。
しかし、それができない場合には、債務整理と言って、返済を楽にする方法が取られますが、クレジット会社など債権者の同意を必要とすることです。
任意整理の場合は利息カット、個人再生などは一定金額ですが、自己破産になる借金がゼロになります。

 

身近にあまりいないかもしれませんが、現在何らかの債務整理をしている方は、日本でも何百万人とするそうです。
普段の生活に何も影響がない債務整理。
返済せずに滞納して逃げ回っているよりもずっと健全なことです。

 

夫が債務整理をしたとしても、妻には何の関係もありません。
同居する子供が債務整理をしたとしても、親はカードローンを使うことができます。
家族に迷惑もかけることなく、反対に返済が楽になる可能性が高いですから、自分の借金の始末は自分で行いましょう。

 

家族だけではなく、会社にもバレないですが、しばらくの間クレジットなどが使えないだけです。
例えば、営業の接待などで、どうしてもカードを使わなければならない場合は、見た目クレジットカードのデビットカードを持つとスマートに見えます。

 

返済できない借金を滞納してする場合は、即に債務整理を。
簡単ではない場合もありますが、返済できないのですから、これがベストの選択です。

 

 

▲メニューに戻る


このページの先頭へ戻る